エリア

サイト内検索




ARANAMIオートキャンプ場のブログ・口コミ・おすすめ情報

キャンプ場イメージ18

キャンプ場 プロフィール

利根川河口エリアの近く、利根川に面した開放的なキャンプ場。場内から釣りが楽しめ、河口付近なので初心者も楽しめるハゼ釣りからスズキなどの大型魚種まで魚種も豊富。

サイトは、AC電源設備付きだが車の乗り入れが不可の「リバーサイト」「ACサイト」、車の横付けが可能だがAC電源設備のない「フリーサイト」、他にキャンピングカーサイトなどがある。リバーサイトの一部サイトは川に面しているのでサイト内で釣りが楽しめる。シンプルな作りのバンガローもある。

場内にお風呂・シャワーがあり無料で利用できる。

大型スーパーやコンビニは車で5分圏内に揃う。日川浜や波崎海水浴場までも車で15分程度。銚子市中心部までは橋を渡って約6km。



ARANAMIオートキャンプ場基本情報

住所 茨城県神栖市波崎荒波2552
アクセス 東関東自動車道「潮来インター」を出て県道50号(水戸神栖線)を東へ6km
筒井東交差点から国道124号線を銚子方面へ7km、案内看板を右折。約30分
営業期間 通年営業
料金
  • 【リバーサイト】1区画(~5人)5,000円
  • 【ACサイト】1区画(~5人)5,000円
  • 【フリーサイト】1区画(~5人)4,000円
  • 【ロイヤルサイト】1区画(~5人)6,000円
  • 【キャンピングカーサイト】1台(~5人)6,000円
  • 【日帰りキャンプ】1台(~5人)2,000円
  • 【バンガロー】1棟(~5人)8,500円
チェックイン 14:00~17:00
チェックアウト 11:00
ペット同伴 ペット可
オプション
<レンタル>
  • テント:3,000円
  • バーベキューコンロセット:1,000円~
  • 鉄板:500円~
  • 調理道具セット(包丁、まな板、トング、ザル、ボール、フライ返し):500円
など
<販売品>
  • 紙皿
  • 紙コップ
  • 割りばし
  • キッチンペーパー
  • 軍手
など
風呂・シャワー
場内施設 管理棟、炊事棟、水洗トイレ、洗面台、遊具広場、自動販売機、フィッシングエリア、BBQコーナー
その他

打ち上げ花火は禁止。手持ち花火は可。 直火は禁止。器具等を利用しての焚き火等は可。 予約時にサイト指定可能。 リードの使用等ペットルールあり。

電話番号
0479-33-3707(事務所)
ホームページ
(参考ページ)
ARANAMIオートキャンプ場WEBサイト
http://www.aranami-camp.jp/
上記は2018年5月現在の情報を記載したものです。最新の情報は必ず各施設へご確認ください。

利用者のブログ・キャンプレポート

キャンプ場の感想やレポート、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に紹介させていただいています。(なるべく実際の利用月を表示しています)
キャンプ場を利用したり、実際に下見した方のブログ記事は貴重な口コミ情報です。施設の評判やオススメ情報の参考にしてみてください。

記事ピックアップ巡回時期:2018年04月
キャンプ場イメージ19

SNS での評判(インスタグラム・ツイッター)

当キャンプ場について掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページを案内しています。(他の類似名施設と混在している場合があります)

口コミ/ランキング サイト

口コミサイトやランキングサイトでの当キャンプ場の掲載ページを案内しています。(サイトによっては施設の掲載名称が異なる場合があります)

掲載が見つかりませんでした

キャンプ場イメージ1
「県別アクセスランキング」
「掲載キャンプ場一覧」はこの先

キャンプ場選びの参考に。
初訪問時の下調べに。

アウトドアファンやキャンプファンがどんな評価をしているか、みんなの声を見てみよう!
キャンプ場選びには欠かせない生の情報や、初めて訪れるキャンプ場の下調べには、実際に訪れた人のブログを参考に。キャンパーの訪問レポートには、ためになる情報が満載!
口コミサイトやランキングサイト、利用した人々のブログを読み解くと、人気のキャンプ場やおすすめキャンプ場が見えてくる!
見れば見るほどキャンプに行きたくなる!


キャンプ場イメージ2

ブログは利用日の近い記事や、わかりやすい記事をピックアップ

キャンプ場の感想やレポート記事、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に紹介させていただいています。
「キャンプ日記」「おでかけ日記」系のブログは、利用された日が近い記事をピックアップ。
2018年・2017年・2016年など、なるべく近年の記事をピックアップしたり、春・夏・秋・冬 季節のバランスもなるべく考慮するようにしています。

※紹介するブログの日付は、なるべく実際の利用月を記事本文より拾って記載していますが、記事掲載月の場合もありますのでご了承ください。