エリア

サイト内検索




奥日立きららの里のブログ・口コミ・おすすめ情報

キャンプ場イメージ18

キャンプ場 プロフィール

東京ドーム約10個分の自然豊かな敷地の中、全長1,188メートルのスリル満点のスライダー、動物たちと触れ合える牧場、遊具広場、芝生広場などの施設を擁する家族で楽しめる宿泊体験型のレクリエーション施設「奥日立きららの里」のキャンプ場エリア。

オートキャンプサイトはAC電源付きで車路や駐車スペースがきれいに区画された開放的な芝生のサイト。バス・キッチン・寝室・バーベキュースペースなど設備の整ったケビンもある。

ハンドランチグライダー教室、チーズの燻製作り体験、木工教室、クワガタ・カブトムシ展示など、自然の中で体験できる四季折々のイベントも開催されている。



奥日立きららの里基本情報

住所 茨城県日立市入四間町863-1
アクセス 常磐自動車道「日立中央インター」10分
営業期間 通年
電話番号
料金
  • 【入場料】大人:320円、子供:100円
  • 【オートキャンプ場】2,700円(入場料込み)
  • 【ケビンAタイプ(4~7名用)】4名:12,580円(追加1名:3,150円)
  • 【ケビンBタイプ(4~8名用)】4名:14,680円(追加1名:3,670円)
  • 【ケビンCタイプ(8~14名用)】8名:25,170円(追加1名:6,290円)
  • 【ケビンDタイプ(6~10名用)】6名:22,020円(追加1名:5,500円)
チェックイン 11:00~17:00
チェックアウト 10:00
ペット同伴 ペット不可
オプション
<レンタル>
  • テント:3,300円
  • タープ:2,400円
  • シェード:1,200円
  • ランタン:800円~
  • テーブルセット:1,100円
  • 寝袋:800円
  • バーベキューコンロ:800円
  • カセットコンロ:800円
など
風呂・シャワー
場内施設 管理棟、炊事棟、トイレ、ドッグラン(キャンプ同伴は不可)、スライダー、やまびこ広場、遊具、スポーツ広場、芝生広場、ふれあい牧場、食堂
その他

予約は利用日の10日前まで。 ゴミは分別して引き取り可(なるべく持ち帰り)。 直火は禁止。器具等を利用しての焚き火等は可。 ラジカセ・カラオケ・発電機・テレビは禁止。 音の出る物・打ち上げ式・地面に置いての噴射式等の花火は禁止(手持ちの下向きのものは可)。

ホームページ
(参考ページ)
奥日立きららの里WEBサイト
http://kiraranosato.sakura.ne.jp/
上記は2018年5月現在の情報を記載したものです。最新の情報は必ず各施設へご確認ください。

利用者のブログ・キャンプレポート

キャンプ場の感想やレポート、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に紹介させていただいています。(なるべく実際の利用月を表示しています)
キャンプ場を利用したり、実際に下見した方のブログ記事は貴重な口コミ情報です。施設の評判やオススメ情報の参考にしてみてください。

記事ピックアップ巡回時期:2018年04月
キャンプ場イメージ19

SNS での評判(インスタグラム・ツイッター)

当キャンプ場について掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページを案内しています。(他の類似名施設と混在している場合があります)

口コミ/ランキング サイト

口コミサイトやランキングサイトでの当キャンプ場の掲載ページを案内しています。(サイトによっては施設の掲載名称が異なる場合があります)

キャンプ場イメージ1
「県別アクセスランキング」
「掲載キャンプ場一覧」はこの先

キャンプ場選びの参考に。
初訪問時の下調べに。

アウトドアファンやキャンプファンがどんな評価をしているか、みんなの声を見てみよう!
キャンプ場選びには欠かせない生の情報や、初めて訪れるキャンプ場の下調べには、実際に訪れた人のブログを参考に。キャンパーの訪問レポートには、ためになる情報が満載!
口コミサイトやランキングサイト、利用した人々のブログを読み解くと、人気のキャンプ場やおすすめキャンプ場が見えてくる!
見れば見るほどキャンプに行きたくなる!


キャンプ場イメージ2

ブログは利用日の近い記事や、わかりやすい記事をピックアップ

キャンプ場の感想やレポート記事、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に紹介させていただいています。
「キャンプ日記」「おでかけ日記」系のブログは、利用された日が近い記事をピックアップ。
2018年・2017年・2016年など、なるべく近年の記事をピックアップしたり、春・夏・秋・冬 季節のバランスもなるべく考慮するようにしています。

※紹介するブログの日付は、なるべく実際の利用月を記事本文より拾って記載していますが、記事掲載月の場合もありますのでご了承ください。