エリア

サイト内検索




上小川キャンプ村やなせのブログ・口コミ・おすすめ情報

キャンプ場イメージ18

キャンプ場 プロフィール

久慈川中流域の河原沿いにあるキャンプ場。キャンプ場前の久慈川はアユ、ハヤ、オイカワ、カワムツ、コイ等釣りや、水遊びが楽しめる。四季折々の自然を里山の風景とともに満喫できる。

オートキャンプサイトは河原のエリアや、河原から一段上がったエリア、いずれも開放的なフリーサイトで収容は約150張の規模。他に6畳~30畳のバリエーションがあるシンプルなつくりのバンガローがある。

高さ120メートル幅73メートルの大きさで、四段の岩壁を流れ、様相も四季折々に変化する日本三名瀑のひとつ「袋田の滝」までは約9.5km。温泉利用による屋内プールと夏季の屋外レジャープール「フォレスパ大子」や、斜面利用型アスレチック・林間散策路・テニスコート・多目的運動広場などを擁する総面積61ヘクタールの大規模公園「大子広域公園」までは約14km。



基本情報

住所

茨城県久慈郡大子町頃藤5436

アクセス

常磐自動車道「那珂インター」より40~50分 水郡線「上小川駅」から徒歩約10分

営業期間

通年

料金

【オートキャンプ】大人(中学生以上):1,000円、小人:500円(5歳未満無料)、車:1,000円、電源使用:1,000円 【デイキャンプ】大人(中学生以上):500円、小人:300円(5歳未満無料)、車:500円 【バンガロー 6畳・定員4名】1棟:6,000円 【バンガロー 8畳・定員5名】1棟:7,500円 【バンガロー 12畳・定員8名】1棟:11,000円 【バンガロー 24畳・定員15名】1棟:18,000円 【バンガロー 30畳・定員24名】1棟:28,000円 【バンガロー エアコン使用】1,500円 【バーベキューハウス使用料】宿泊あり:1名 500円、宿泊なし:1名 900円(鉄板・燃料など含む)

チェックイン

チェックアウト

ペット同伴

ペット可

オプション

<レンタル>
なべ:500円 かま:500円 飯ごう:500円 鉄板:500円 冷蔵庫:700円~1,200円 毛布:350円 マットレス:350円 扇風機:500円

風呂・シャワー

シャワーあり 約6のところに「袋田温泉・関所の湯」あり 約14kmのところに「大子温泉保養センター 森林の温泉」あり

場内施設

管理棟、自動販売機、トイレ、炊事場、かまど、バーベキュー場、多目的広場

その他

ゴミは分別して引き取り可。

電話番号

ホームページ
(参考ページ)

上記は2018年5月現在の情報を記載したものです。最新の情報は必ず各施設へご確認ください。

利用者のブログ・キャンプレポート

キャンプ場の感想やレポート、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に紹介させていただいています。(なるべく実際の利用月を表示しています)
キャンプ場を利用したり、実際に下見した方のブログ記事は貴重な口コミ情報です。施設の評判やオススメ情報の参考にしてみてください。

記事ピックアップ巡回時期:2018年04月
キャンプ場イメージ19

SNS での評判(インスタグラム・ツイッター)

当キャンプ場について掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページを案内しています。(他の類似名施設と混在している場合があります)

インスタグラムに投稿された画像

口コミ/ランキング サイト

口コミサイトやランキングサイトでの当キャンプ場の掲載ページを案内しています。(サイトによっては施設の掲載名称が異なる場合があります)

キャンプ場イメージ1
「県別アクセスランキング」
「掲載キャンプ場一覧」はこの先

キャンプ場選びの参考に。
初訪問時の下調べに。

アウトドアファンやキャンプファンがどんな評価をしているか、みんなの声を見てみよう!
キャンプ場選びには欠かせない生の情報や、初めて訪れるキャンプ場の下調べには、実際に訪れた人のブログを参考に。キャンパーの訪問レポートには、ためになる情報が満載!
口コミサイトやランキングサイト、利用した人々のブログを読み解くと、人気のキャンプ場やおすすめキャンプ場が見えてくる!
見れば見るほどキャンプに行きたくなる!


キャンプ場イメージ2

ブログは利用日の近い記事や、わかりやすい記事をピックアップ

キャンプ場の感想やレポート記事、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に紹介させていただいています。
「キャンプ日記」「おでかけ日記」系のブログは、利用された日が近い記事をピックアップ。
2018年・2017年・2016年など、なるべく近年の記事をピックアップしたり、春・夏・秋・冬 季節のバランスもなるべく考慮するようにしています。

※紹介するブログの日付は、なるべく実際の利用月を記事本文より拾って記載していますが、記事掲載月の場合もありますのでご了承ください。