ウォムキャンプロゴマーク

あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

キャンプファンのためのサイト " WOM-CAMP ウォムキャンプ "

参考になるブログやサイトをピックアップ 

2019年-2020年シーズンを楽しもう!

キャンプ イン ドロブックル(土呂部高原キャンプ場)

きゃんぷいんどろぶっくる
キャンプ場イメージ18

日光の北、清流 土呂部川沿いの静かな山あいにあるアットホームなキャンプ場。標高約930メートル。山々の自然に囲まれながらも開放的なフィールドで、夜には満天の星空も堪能できる。

テントサイトは開放的な芝生のサイトで約30区画。他にもキッチン・トイレ・シャワー・冷蔵庫などの設備が整った「洋室ケビン」「和室ケビン」が計10棟ある。管理棟でシャワーが利用できるほか、炊事棟にはピザ窯が設置されている。屋根付きの広々としたバーベキュー棟(有料)もあり、大人数でのバーベキューに利用できる。

キャンプインドロブックル基本情報

キャンプ場の基本情報です。一部内容については直接確認が取れていない項目や、キャンプ場によってはシーズンで変動するような項目も含まれています。最新の情報は必ず各施設へご確認ください。

住所

栃木県日光市土呂部97

アクセス

日光宇都宮道路「日光インター」約34km/50分 日光宇都宮道路「今市インター」約41km/55分

営業期間

4月~10月の土日または連休、夏休み(7月中旬~8月末)

参考料金

【入場料】中学生以上:200円 【テント】1張:2,000円 【ケビン 4人用】12,000円

チェックイン

14:00

チェックアウト

10:00

ペット同伴

オプション

ピザ窯利用(薪1束含む):500円~800円 グラウンドゴルフ:1人 200円 バーベキュー棟利用:1時間 500円

風呂・シャワー

シャワー室あり 約6.5kmのところに黒部温泉 元湯 四季の湯あり 約9kmのところに上栗山温泉 開運の湯あり

場内施設

管理棟、売店、炊事棟、かまど、ピザ窯、トイレ、集合広場、ファイヤーサークル、バーベキュー棟、渓流遊び場

その他

団体利用は営業期間外でも利用可能日あり。

電話番号

ホームページ
(参考ページ)

2018年6月現在の情報を掲載しています。(掲載の料金はキャンプ場により税別・税込の表記が混在しています。)

利用者のブログ・キャンプレポート

キャンプインドロブックル の感想やレポート、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に、ブログをまとめて紹介させていただいています。キャンプ場を利用したり、実際に下見した方のブログ記事は貴重な口コミ情報です。施設の評判やオススメ情報の参考にしてみてください。(なるべく実際の利用月を表示しています)

※前回の記事ピックアップ巡回時期(2019年02月)から今回の巡回までに、新たに紹介できるブログ記事は投稿されていませんでした。

SNSでの評判(インスタグラム・ツイッター)

キャンプインドロブックルについて掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページを案内しています。(他の類似名施設と混在している場合があります)

口コミ/ランキング サイト

口コミサイトやランキングサイトでのキャンプインドロブックルの掲載ページを案内しています。(サイトによっては施設の掲載名称が異なる場合があります)

キャンプインドロブックル周辺観光情報

県内唯一のミズバショウの自生地「土呂部水ばしょう園」までは約1km。土呂部ダム上流にある釣り堀「栗山つりセンター」までは約2km。

動物と遊べるふれあい広場や体を動かせるアスレチック、食の体験工房などもある観光牧場「大笹牧場」までは約14km。

"世界の遺跡と建築文化を守ろう"というテーマのもと、世界の有名な建築物や遺産など21ヵ国の100点を超える建造物が25分の1サイズで精巧に再現されているテーマパーク「東武ワールドスクウェア」までは約31km。

大自然が生み出した鬼怒川の四季折々の渓谷美を船から楽しめる、迫力満点の鬼怒川観光の名物「鬼怒川ライン下り」までは約28km。

徳川家康が祀られた神社で、日本を代表する世界遺産「日光の社寺」の中でももっとも有名な「日光東照宮」までは約34km。周辺には二荒山神社や日光山輪王寺など日光の歴史と伝統を感じられる建造物が点在している。

広大な敷地に、街道、宿場、商家街、忍者の里、武家屋敷など実物さながらの江戸時代の町並みが再現され、様々な体験イベントも楽しめる歴史テーマパーク「日光江戸村」までは約32km。

キャンプ場イメージ31
キャンプ場イメージ1

「県別アクセスランキング」
「掲載キャンプ場一覧」はこの先