ウォムキャンプロゴマーク

あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

キャンプファンのためのサイト " WOM-CAMP ウォムキャンプ "

参考になるブログやサイトをピックアップ 

2019年-2020年シーズンを楽しもう!

城の湯やすらぎの里アウトドアパーク(矢板市城の湯キャンプ場)

しろのゆやすらぎのさとあうとどあぱーく
キャンプ場イメージ18

矢板市郊外の田園エリアにある日帰り温泉施設をベースとした「城の湯やすらぎの里」の中のキャンプ場。テントサイトとRVパークがあり、テントサイトは車の乗り入れ不可、RVパークは水道設備と電源設備がある。キャンプ利用者は割引料金(大人300円 他)で大浴場や広々とした露天風呂も備わる温泉センターに何度でも入浴できる。

キャンプサイトは開放的な芝生のサイトで1区画10m×10mと十分な広さが確保されている。東北自動車道から距離が近い。基本的には「日帰り温泉施設の駐車場の一部を、宿泊可能なキャンプサイトとRVパークに整備してある」というだけのキャンプ場。

城の湯やすらぎの里アウトドアパーク基本情報

キャンプ場の基本情報です。一部内容については直接確認が取れていない項目や、キャンプ場によってはシーズンで変動するような項目も含まれています。最新の情報は必ず各施設へご確認ください。

住所

栃木県矢板市川崎反町295

アクセス

東北自動車「矢板インター」より約7分 JR宇都宮線「矢板駅」より市営バスで約7分「城の湯温泉センター」下車

営業期間

通年(隔週月曜、元日等の休館日あり)

参考料金

【キャンプ場】1区画:1,500円 【RVパーク】1区画:2,000円

チェックイン

14:00

チェックアウト

11:00

ペット同伴

オプション

<レンタル>
テント:2,000円~3,000円 レンタサイクル:大人 700円~、小人 500円~

風呂・シャワー

城の湯温泉センターが併設(キャンプ利用者は大人:300円、子供:200円)

場内施設

受付(温泉センター)、売店、トイレ、炊事場、自動販売機、マウンテンバイクコース

その他

直火は禁止。焚火台やコンロ等の器具を利用しての焚き火等は可。 不燃ゴミは持ち帰り。

電話番号

0287-44-1010(温泉センター)
0287-43-2115(ふれあい館)

ホームページ
(参考ページ)

2020年1月現在の情報を掲載しています。(掲載の料金はキャンプ場により税別・税込の表記が混在しています。)

利用者のブログ・キャンプレポート

城の湯やすらぎの里アウトドアパーク の感想やレポート、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に、ブログをまとめて紹介させていただいています。キャンプ場を利用したり、実際に下見した方のブログ記事は貴重な口コミ情報です。施設の評判やオススメ情報の参考にしてみてください。(なるべく実際の利用月を表示しています)

SNSでの評判(インスタグラム・ツイッター)

城の湯やすらぎの里アウトドアパークについて掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページを案内しています。(他の類似名施設と混在している場合があります)

口コミ/ランキング サイト

口コミサイトやランキングサイトでの城の湯やすらぎの里アウトドアパークの掲載ページを案内しています。(サイトによっては施設の掲載名称が異なる場合があります)

城の湯キャンプ場周辺観光情報

地元農家でとれた新鮮な野菜などを販売する農産物直売所や地産地消をテーマにした農村レストランなどで矢板の特産物が堪能できる「道の駅 やいた」までは約2km。

那珂川のほとりにあり、那珂川の自然やそこに棲む魚たちと触れ合え、体験イベントも楽しめる「なかがわ水遊園」までは約25km。

広大な敷地に、街道、宿場、商家街、忍者の里、武家屋敷など実物さながらの江戸時代の町並みが再現され、様々な体験イベントも楽しめる歴史テーマパーク「日光江戸村」までは約25km。

"世界の遺跡と建築文化を守ろう"というテーマのもと、世界の有名な建築物や遺産など21ヵ国の100点を超える建造物が25分の1サイズで精巧に再現されているテーマパーク「東武ワールドスクウェア」までは約26km。

大自然が生み出した鬼怒川の四季折々の渓谷美を船から楽しめる、迫力満点の鬼怒川観光の名物「鬼怒川ライン下り」までは約29km。

キャンプ場イメージ31
キャンプ場イメージ1

「県別アクセスランキング」
「掲載キャンプ場一覧」はこの先