ウォムキャンプロゴマーク

あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

キャンプファンのためのサイト " WOM-CAMP ウォムキャンプ "

参考になるブログやサイトをピックアップ 

2021年-2022年シーズンを楽しもう!

百年小屋キャンプ場

ひゃくねんごやきゃんぷじょう
キャンプ場イメージ18

北軽井沢の西側の嬬恋エリア、標高約1,100メートルの高原にあるキャンプ場。2020年オープン。夏でも涼しく過ごせる自然豊かなロケーションで、夜には満天の星空も堪能できる。受付は嬬恋村大字鎌原1043にあるワインショップ「72season's」で行う(ワインショップの名称が「Secret Spot 道ーDouroー」と案内されているWEBサイトもある)。浅間山が見渡せるロケーションのフリー区画や、嬬恋の大自然の姿を残した林間サイト、3口コンセント設置の電源(10A制限)区画サイトなどのサイトのほか、ピザ窯が無料で使えるピザ窯区画というサイトもある。

通年営業だが、11月~3月の期間は凍結のため場内の水道及びトイレの使用ができなくなるので、各自で飲料水や簡易トイレの準備が必要。トイレについては、キャンプ場から車で2分程の距離にある「鎌原観音堂(嬬恋村鎌原492)」のトイレを使える案内がされている。

百年小屋キャンプ場基本情報

キャンプ場の基本情報です。一部内容については直接確認が取れていない項目や、キャンプ場によってはシーズンで変動するような項目も含まれています。最新の情報は必ず各施設へご確認ください。

住所

群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1419

アクセス

上信越自動車道「碓氷軽井沢IC」から約36km、「上田菅平IC」から約35km

営業期間

基本的に通年営業(トイレ・水回りの使用が不可の時期あり)

参考料金

【施設利用料 1泊】大人(中学生以上):1,600円、子供(小学生以上):800円 【駐車料金 1泊】普通車:2,600円、バイク:800円、キャンピングカー:3,300円 【電源区画】1,100円 など

チェックイン

13:00~18:00

チェックアウト

11:00

ペット同伴

ペット可

オプション

薪:500円 ごみ処理サービス:500円

風呂・シャワー

約11kmのところに嬬恋高原温泉つつじの湯あり

場内施設

トイレ、水場

その他

直火は禁止。焚き火台やコンロ等の器具を利用しての焚き火等は可。 場内での喫煙は場内の指定の場所で。 キャンプ場利用に関するお支払いは現金払いのみ。 ゴミ回収は有料。 ドローンは禁止。 花火は手持ちのみ可(混雑時は不可)。

電話番号

0279-97-2234(ワインショップ/キャンプ受付)

ホームページ
(参考ページ)

掲載は2021年11月現在の情報となります。最新の情報は施設ホームページ等でご確認ください。(掲載の料金はキャンプ場により税別・税込の表記が混在しています。)

利用者のブログ・キャンプレポート

"百年小屋キャンプ場" の感想やレポート、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に、ブログをまとめて紹介させていただいています。キャンプ場を利用したり、実際に下見した方のブログ記事は貴重な口コミ情報です。施設の評判やオススメ情報の参考にしてみてください。(なるべく実際の利用月を表示しています)

SNSでの評判(インスタグラム・ツイッター)

"百年小屋キャンプ場" について掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページを案内しています。(他の類似名施設と混在している場合があります)

口コミ/ランキング サイト

口コミサイトやランキングサイトでの "百年小屋キャンプ場" の掲載ページを案内しています。(サイトによっては施設の掲載名称が異なる場合があります)

百年小屋キャンプ場周辺観光情報

見て、触れて、体験できる「おもちゃ」のテーマパークで、小さな子供用施設や20種類の森のアスレチックや渓流釣りなど家族で楽しめる「おもちゃ王国」までは約3km。

浅間山の噴火の際に流れ出た溶岩が一帯に広がる観光スポットで、北アルプス連峰・谷川連峰などを望みながら散策コースを楽しめる「鬼押出し園」までは約6km。

季節ごとに様々なな農作物を収穫でき、園内で食べることができる体験型観光農園「石田観光農園」までは約10km。

浅間山北麓ジオパークに認定された浅間高原の自然を感じながら、四季折々の草花やかわいい動物たちとの触れ合いを楽しめる「浅間牧場茶屋」までは約9km。

キャンプ場イメージ31
キャンプ場イメージ1

「県別アクセスランキング」
「掲載キャンプ場一覧」はこの先