ウォムキャンプロゴマーク

あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

キャンプファンのためのサイト " WOM-CAMP ウォムキャンプ "

参考になるブログやサイトをピックアップ 

2018年-2019年シーズンを楽しもう!

木のむらキャンプ場のブログ・口コミ・おすすめ情報

キャンプ場イメージ18
続きを見る

都幾川の源流近くに位置し、豊かな森林の緑の中で大自然を満喫できるロケーションのキャンプ場。キャンプ場内に流れる清流にはヤマメやカジカ、ウグイなどが生息し、サワガニを捕ることもできる(釣りには許可が必要)。場内約300メートルにわたって流れる川は上流と下流で趣きが異なり、浅瀬が続くせせらぎでの水遊びや傾斜を利用して浮き輪を使った川下りなど、思う存分川遊びを楽しめる。デイキャンプ利用での人気も高く、ピークシーズン等は早朝から来場者で賑わう日もある。

下流部分の川近くに区画されたオートサイトには各区画にAC電源設備と流し台が設置されていて、車の乗り入れが可能。このエリアの河原部分は日帰り利用者のテントスペースになっている。上流の滝部分近くにはテント持込で利用できるテントサイトや常設テントサイトがあり、こちらは車の乗り入れ不可。キャンプサイト以外にもシンプルなつくりのバンガローがある。

きのこ、のらぼう菜、たらの芽、ゆず、山菜など、ときがわ町の自然の味覚が揃う「大野特産物販売所」までは約1km。関東平野を一望できる標高約880メートルの堂平山頂付近にある「堂平天文台 星と緑の創造センター」までは約9km。パラグライダー体験ができる「埼玉こまちパラグライダースクール」や「堂平スカイパーク」までは約6.5km。標高約400メートルの山腹に位置し、ロウバイ、スイセン、花桃、河津桜、菜の花、ミツバツツジ、アジサイなどが広がる花の名所「くぬぎの七曲(ななまがり)」までは約9km。

木のむらキャンプ場 基本情報

キャンプ場の基本情報です。一部内容については直接確認が取れていない項目や、キャンプ場によってはシーズンで変動するような項目も含まれています。最新の情報は必ず各施設へご確認ください。

住所

埼玉県比企郡ときがわ町大野1440

アクセス

関越自動車道「東松山インター」から約20km

営業期間

4月~10月

料金

【入村料】高校生以上:500円、中学生以下:300円 【常設テント】3,000円 【テント持込】1泊:2,500円、1日:1,000円 【タープ持込】1泊:2,500円、1日:1,000円 【オートサイト】1泊:5,000円、1日:3,000円 (持ち込み料等含む) 【バンガロー 5~6人用】8,000円 【バンガロー 7~8人用】10,000円

チェックイン

11:00(バンガローは14:00)

チェックアウト

10:00

ペット同伴

ペット不可

オプション

<レンタル>
毛布:200円 釜セット:300円 鍋:200円 飯ごう:200円 鉄板:500円~800円 包丁・まな板:100円 フライパン:100円 キャンプセット(調理器具類):500円~800円 など

風呂・シャワー

温水シャワーあり(3分:200円) 約7.5kmのところに「都幾川四季彩館」あり 約11.5kmのところに「温泉銭湯 玉川温泉」あり

場内施設

管理棟、トイレ、洗面台、調理棟、多目的広場

その他

燃えるゴミは持ち帰り。空きカン・瓶は引き取り可。

電話番号

ホームページ
(参考ページ)

2018年9月現在の情報を掲載しています。

利用者のブログ・キャンプレポート

キャンプ場の感想やレポート、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に、ブログをまとめて紹介させていただいています。(なるべく実際の利用月を表示しています)
キャンプ場を利用したり、実際に下見した方のブログ記事は貴重な口コミ情報です。施設の評判やオススメ情報の参考にしてみてください。

※前回の記事ピックアップ巡回時期(2019年02月)から今回の巡回までに、新たに紹介できるブログ記事は投稿されていませんでした。

SNSでの評判(インスタグラム・ツイッター)

当キャンプ場について掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページを案内しています。(他の類似名施設と混在している場合があります)

口コミ/ランキング サイト

口コミサイトやランキングサイトでの当キャンプ場の掲載ページを案内しています。(サイトによっては施設の掲載名称が異なる場合があります)

キャンプ場イメージ31
キャンプ場イメージ1

「県別アクセスランキング」
「掲載キャンプ場一覧」はこの先