ウォムキャンプロゴマーク

あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

キャンプファンのためのサイト " WOM-CAMP ウォムキャンプ "

参考になるブログやサイトをピックアップ 

2019年-2020年シーズンを楽しもう!

湯沢リバーサイド キャンプサイト&カフェ

ゆざわりばーさいど きゃんぷあんどかふぇ
キャンプ場イメージ18

湯沢エリア、魚野川沿いの山あいにあるキャンプ場。のんびりとした環境の中、緑豊かな自然を満喫できるロケーション。場内にニジマス、イワナを放した釣り堀や、BBQやアルコールも楽しめるカフェがある。利用者へ「ゴミ」に対する意識を高める目的で、小学生以上1名につきゴミ袋代として1,000円が徴収される。キャンプサイトは林間のフリーサイトで、エリアごとに趣が異なる。一部のエリアを除き、荷物の積み下ろし時のみ車の乗り入れが可能。場内に流れる小川や魚野川では水遊びが楽しめるスポットもある。

湯沢リバーサイドキャンプサイト&カフェ基本情報

キャンプ場の基本情報です。一部内容については直接確認が取れていない項目や、キャンプ場によってはシーズンで変動するような項目も含まれています。最新の情報は必ず各施設へご確認ください。

住所

新潟県南魚沼郡湯沢町大字土樽3223-6

アクセス

関越自動車道「湯沢インター」から約6km JR上越新幹線「越後湯沢駅」から約7km

営業期間

夏~秋

参考料金

【1~4人用テント】4,000円 【5~8人用テント】5,000円 【タープ】1張:1,000円 【ゴミ袋代】中学生以上1名:1,000円

チェックイン

12:00

チェックアウト

11:00

ペット同伴

ペット可

オプション

<レンタル>
コールマンテント:4,000円 コールマンヘキサタープ:2,000円 シュラフ:700円 ランタン:500円 テーブルベンチセット:2,000円 鍋:300円 など

<販売品>
薪(セルフ薪割り) 木炭 使い切り食器類 など

風呂・シャワー

約3kmのところに土樽共同浴場 岩の湯あり 約7kmのところに神泉の湯あり 約7kmのところに酒風呂 湯の沢あり

場内施設

管理棟(カフェ)、トイレ、炊事場、釣り堀

その他

直火は禁止。 花火は手持ちのみ可。 リードの使用等ペットルールあり。

電話番号

ホームページ
(参考ページ)

2020年4月現在の情報を掲載しています。(掲載の料金はキャンプ場により税別・税込の表記が混在しています。)

利用者のブログ・キャンプレポート

湯沢リバーサイドキャンプサイト&カフェ の感想やレポート、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に、ブログをまとめて紹介させていただいています。キャンプ場を利用したり、実際に下見した方のブログ記事は貴重な口コミ情報です。施設の評判やオススメ情報の参考にしてみてください。(なるべく実際の利用月を表示しています)

※前回の記事ピックアップ巡回時期(2019年8月)から今回の巡回までに、新たに紹介できるブログ記事は投稿されていませんでした。

SNSでの評判(インスタグラム・ツイッター)

湯沢リバーサイドキャンプサイト&カフェについて掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページを案内しています。(他の類似名施設と混在している場合があります)

口コミ/ランキング サイト

口コミサイトやランキングサイトでの湯沢リバーサイドキャンプサイト&カフェの掲載ページを案内しています。(サイトによっては施設の掲載名称が異なる場合があります)

湯沢リバーサイドキャンプサイト&カフェ周辺観光情報

イワナ、ヤマメ、ニジマスなどの渓流釣りを気軽に楽しめる魚野川に隣接した管理釣り場「湯沢フィッシングパーク」までは約2.5km。

専用のハーネスを装着して、樹へ登ったり、樹から樹へ渡ったり、滑り降りたりと様々なアクティビティをクリアしていく自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー 湯沢中里」までは約3km。

サマーボブスレーやゴーカート、ジップラインアドベンチャーなどのアクティビティや、高山植物園「アルプの里」などがある「湯沢高原パノラマパーク」(湯沢高原ロープウェイ乗り場)までは約8km。

キャンプ場イメージ31
キャンプ場イメージ1

「県別アクセスランキング」
「掲載キャンプ場一覧」はこの先