ウォムキャンプロゴマーク

あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

キャンプファンのためのサイト " WOM-CAMP ウォムキャンプ "

参考になるブログやサイトをピックアップ 

2019年-2020年シーズンを楽しもう!

五頭山麓いこいの森

ごずさんろくいこいのもり
キャンプ場イメージ18

五頭連峰の北西麓に位置する森の中にある自然豊かなキャンプ場。敷地に沿って流れる安野川は何段にも仕切られていて存分に川遊びを楽しめる。自然の地形を活かしたキャンプサイトは車の乗り入れが不可で、サイトに電源設備もないが、水と緑に囲まれた大自然を存分に満喫できるロケーション。周辺には気軽に楽しめる散策コースやハイキングコースをはじめ、五頭山・松平山・山葵山などへの本格的な登山コースも整備されていてる。このキャンプ場では森との共生や里山維持の観点から木炭よりも薪を使うことを勧めていて、束の薪の販売もあるが、ノコギリを借りて積んでいる枝や森から切り放題で薪を調達できるサービス(500円)も用意されている。森のキャンプスペースのカマドで焚き火を楽しめ、ウッドキャンドルなども販売されている。

五頭山麓いこいの森基本情報

キャンプ場の基本情報です。一部内容については直接確認が取れていない項目や、キャンプ場によってはシーズンで変動するような項目も含まれています。最新の情報は必ず各施設へご確認ください。

住所

新潟県阿賀野市畑江24

アクセス

磐越自動車道「安田インター」から約11km JR「新潟駅」から約29km

営業期間

4月~11月

参考料金

【持ち込みテントサイト】5人まで:1,500円 【貸しテント利用】大人:1,000円、小学生以下:500円

チェックイン

10:30

チェックアウト

9:30

ペット同伴

ペット可

オプション

<レンタル>
寝袋:300円 毛布:300円 銀マット2枚:300円 バーベキューコンロ:300円 鉄板:300円 網:300円 カセットコンロ:300円 焚火台:300円 鍋:300円 土鍋:300円 水ポリタンク:300円 炊飯器:300円 食器セット:300円 など

<その他>
薪:300円 セルフ薪切り放題:500円 ウッドキャンドル:500円~1,500円 ピザ釜:2時間 300円 など

風呂・シャワー

約1.5kmのところに熊と森の湯あり 約2kmのところに出湯温泉共同浴場あり 約2.5kmのところに華報寺共同浴場あり

場内施設

管理事務所、炊事場、トイレ、あずまや、かまど、自動販売機、運動広場

その他

虫・魚の持ち帰りは禁止。 ゴミは原則持ち帰り。 リードの使用等ペットルールあり。 花火は手持ちのみ可。 カマド以外の直火は禁止。

電話番号

080-6519-0273(指定管理者「森のこだま」)

ホームページ
(参考ページ)

2020年4月現在の情報を掲載しています。(掲載の料金はキャンプ場により税別・税込の表記が混在しています。)

利用者のブログ・キャンプレポート

五頭山麓いこいの森 の感想やレポート、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に、ブログをまとめて紹介させていただいています。キャンプ場を利用したり、実際に下見した方のブログ記事は貴重な口コミ情報です。施設の評判やオススメ情報の参考にしてみてください。(なるべく実際の利用月を表示しています)

SNSでの評判(インスタグラム・ツイッター)

五頭山麓いこいの森について掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページを案内しています。(他の類似名施設と混在している場合があります)

口コミ/ランキング サイト

口コミサイトやランキングサイトでの五頭山麓いこいの森の掲載ページを案内しています。(サイトによっては施設の掲載名称が異なる場合があります)

五頭山麓いこいの森周辺観光情報

農産物直売所をはじめ、地域資源を活用した農家レストラン、イタリアンレストラン、お菓子処がある地産地消と食育のテーマパーク「月岡わくわくファーム」までは約8km。

採れたての新鮮野菜や加工品の直売所や、竹細工・陶芸・豆腐作りなどの体験が楽しめる施設のある「五頭山麓うららの森」までは約4km。

田園風景を背景としたのんびりとしたロケーションにあるテーマパークで、ジェットコースターや大観覧車などバラエティーに富んだアトラクションが揃う遊園地「サントピアワールド」までは約11km。

キャンプ場イメージ31
キャンプ場イメージ1

「県別アクセスランキング」
「掲載キャンプ場一覧」はこの先