エリア

サイト内検索




河口湖オートキャンプ場のブログ・口コミ・おすすめ情報

キャンプ場イメージ18

キャンプ場 プロフィール

河口湖市街地から富士山側に入ったところにある、静かな林に囲まれたキャンプ場。河口湖畔までは約3km。

オートキャンプサイトはカラマツ林の中にあり、全てのサイトが木陰になっているので夏でも快適に過ごせる。他にもシンプルな作りのバンガロー・コテージがある。

コインシャワーやコインランドリーが設置されていたり、屋根付きのバーベキュースペースがあったりと、何かと重宝する施設が揃っている。

河口湖では釣りやカヌー・カヤック、ボート遊びなどのウォーターアクティビティや、遊覧船に乗っての富士山観賞などが楽しめる一大観光地となっていて、「ハーブフェスティバル」「紅葉まつり」など季節のイベントも多数開催。また毎年8月上旬には「河口湖湖上祭」で約1万発の花火を堪能できる。

富士五湖エリアの観光拠点としての利用にも便利な立地。「富士急ハイランド」までは約3km、専用のハーネス(安全装置)を装着して、樹へ登ったり、樹から樹へ渡ったり、滑り降りたりと様々なアクティビティをクリアしていく冒険施設「フォレストアドベンチャー・フジ」までは約5km、青木ヶ原樹海の東の入口にある観光名所「鳴沢氷穴」までは約9.5km。



河口湖オートキャンプ場基本情報

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町小立5404
アクセス

中央自動車道「河口湖インター」を下車し、河口湖方面に右折。信号機3つめを左折し、およそ800m先。

営業期間 3月中旬~11月末日
料金
  • 【入場料】小学生以上:756円、小学生以下:540円
  • 【サイト利用料】1区画:3,240円
  • 【キャラメルバンガロー】7,560円~15,120円
  • 【コテージ】11,880円(入場料込)
チェックイン 13:00
チェックアウト 10:00
ペット同伴 ペット可
オプション
<レンタル>
  • 鉄板
  • ツーバーナー
  • テント
  • ランタン
  • タープ
  • ガスコンロ
  • 毛布
  • ストーブ
  • 鍋セット
  • マット
など
<販売品>
  • ビール
  • ジュース
  • 菓子
  • ラーメン
  • 土産品
など
風呂・シャワー
場内施設 管理棟、売店、炊事場、水洗トイレ、遊具、屋根付きBBQスペース、コインランドリー、自動販売機
その他

直火は禁止。器具等を利用しての焚き火等は可。

電話番号
ホームページ
(参考ページ)
河口湖オートキャンプ場WEBサイト
http://www.geocities.jp/kawaguchiko_ac/
上記は2018年5月現在の情報を記載したものです。最新の情報は必ず各施設へご確認ください。

利用者のブログ・キャンプレポート

キャンプ場の感想やレポート、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に紹介させていただいています。(なるべく実際の利用月を表示しています)
キャンプ場を利用したり、実際に下見した方のブログ記事は貴重な口コミ情報です。施設の評判やオススメ情報の参考にしてみてください。

記事ピックアップ巡回時期:2018年04月
キャンプ場イメージ19

SNS での評判(インスタグラム・ツイッター)

当キャンプ場について掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページを案内しています。(他の類似名施設と混在している場合があります)

口コミ/ランキング サイト

口コミサイトやランキングサイトでの当キャンプ場の掲載ページを案内しています。(サイトによっては施設の掲載名称が異なる場合があります)

キャンプ場イメージ1
「県別アクセスランキング」
「掲載キャンプ場一覧」はこの先

キャンプ場選びの参考に。
初訪問時の下調べに。

アウトドアファンやキャンプファンがどんな評価をしているか、みんなの声を見てみよう!
キャンプ場選びには欠かせない生の情報や、初めて訪れるキャンプ場の下調べには、実際に訪れた人のブログを参考に。キャンパーの訪問レポートには、ためになる情報が満載!
口コミサイトやランキングサイト、利用した人々のブログを読み解くと、人気のキャンプ場やおすすめキャンプ場が見えてくる!
見れば見るほどキャンプに行きたくなる!


キャンプ場イメージ2

ブログは利用日の近い記事や、わかりやすい記事をピックアップ

キャンプ場の感想やレポート記事、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に紹介させていただいています。
「キャンプ日記」「おでかけ日記」系のブログは、利用された日が近い記事をピックアップ。
2018年・2017年・2016年など、なるべく近年の記事をピックアップしたり、春・夏・秋・冬 季節のバランスもなるべく考慮するようにしています。

※紹介するブログの日付は、なるべく実際の利用月を記事本文より拾って記載していますが、記事掲載月の場合もありますのでご了承ください。