ウォムキャンプロゴマーク

あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

キャンプファンのためのサイト " WOM-CAMP ウォムキャンプ "

参考になるブログやサイトをピックアップ 

2019年-2020年シーズンを楽しもう!

美鈴湖もりの国オートキャンプ場

みすずこもりのくにおーときゃんぷじょう
キャンプ場イメージ18

美ヶ原高原西側エリア、松本市街地からのアクセスもよい場所にあるキャンプ場。標高は約1,000メートルで、高原の自然を満喫でき夜には満天の星空も堪能できる。温水シャワー・水洗トイレ・ランドリーなどの設備が揃い綺麗に管理されているサニタリー棟や売店などの共用施設も整っていて、初心者ファミリーでの利用から長期滞在での利用まで色んなスタイルで過ごすことができる。キャンプサイトは傾斜地に段々状に区画割りされた林間の区画サイトと、開放的な芝生の広場サイトで、全区画AC電源の利用が可能。他にも、木立の中にある完全独立型のバイクサイトがある。

浅間温泉や美ヶ原温泉にも近く、松本周辺の観光の拠点としての利用にも便利な立地。

美鈴湖もりの国オートキャンプ場基本情報

キャンプ場の基本情報です。一部内容については直接確認が取れていない項目や、キャンプ場によってはシーズンで変動するような項目も含まれています。最新の情報は必ず各施設へご確認ください。

住所

長野県松本市大字三才山1871

アクセス

長野自動車道「松本インター」から約19km

営業期間

4月下旬~10月末頃

参考料金

【区画サイト】5,840円 【広場サイト】4,820円 【バイクサイト】1,160円 など

チェックイン

13:00~16:00

チェックアウト

11:00

ペット同伴

ペット可

オプション

<レンタル>
テント:3,000円~4,000円 タープ:1,500円 テーブルセット:2,000円 シュラフ:500円 2バーナーコンロ:1,500円 バーベキューコンロ:1,000円 ランタン:500円 椅子:300円 延長コード:500円

<販売品>
木炭 アルコール類 ドリンク 調味料類 キャンプ雑貨 カップ麺 洗剤類 玩具 アイスクリーム など

風呂・シャワー

温水シャワー施設あり 約10.5kmのところにホットプラザ浅間あり 約10kmのところに湯々庵 枇杷の湯あり 約13kmのところにふれあい山辺館 白糸の湯あり

場内施設

センターハウス、売店、自動販売機、トイレ、洗面台、炊事棟、ランドリー、マレットゴルフコース

その他

直火は禁止。焚火台やコンロ等の器具を利用しての焚き火等は可。 花火は手持ちのみ指定場所にて可。 ゴミは分別して引き取り可(なるべく持ち帰り)。 キックボード、スケートボード、ラジコンカーは禁止。

電話番号

ホームページ
(参考ページ)

2020年2月現在の情報を掲載しています。(掲載の料金はキャンプ場により税別・税込の表記が混在しています。)

利用者のブログ・キャンプレポート

美鈴湖もりの国オートキャンプ場 の感想やレポート、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に、ブログをまとめて紹介させていただいています。キャンプ場を利用したり、実際に下見した方のブログ記事は貴重な口コミ情報です。施設の評判やオススメ情報の参考にしてみてください。(なるべく実際の利用月を表示しています)

※前回の記事ピックアップ巡回時期(2019年8月)から今回の巡回までに、新たに紹介できるブログ記事は投稿されていませんでした。

SNSでの評判(インスタグラム・ツイッター)

美鈴湖もりの国オートキャンプ場について掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページを案内しています。(他の類似名施設と混在している場合があります)

口コミ/ランキング サイト

口コミサイトやランキングサイトでの美鈴湖もりの国オートキャンプ場の掲載ページを案内しています。(サイトによっては施設の掲載名称が異なる場合があります)

美鈴湖もりの国オートキャンプ場周辺観光情報

五重六階の天守が現存している日本最古の城で、国宝にも指定されている「松本城」までは約14km。

北アルプス連峰や安曇野、美ヶ原や松本市街を一望できる小高い丘にあり、ローラー付きソリで林間コースを滑るアルプスドリームコースターなどのレクリエーションや小さな動物園などの施設で楽しめる「松本市アルプス公園」までは約13km。

日本一広大なわさび田を有し、敷地内の散策を楽しんだり、飲食店や体験施設も揃う一大観光スポット「大王わさび農場」までは約20km。

キャンプ場イメージ31
キャンプ場イメージ1

「県別アクセスランキング」
「掲載キャンプ場一覧」はこの先