ウォムキャンプロゴマーク

あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

キャンプファンのためのサイト " WOM-CAMP ウォムキャンプ "

参考になるブログやサイトをピックアップ 

2019年-2020年シーズンを楽しもう!

須砂渡キャンプ場(憩いの森オートキャンプ場)

すさどきゃんぷじょう
キャンプ場イメージ18

安曇野エリア、穂高連峰常念岳のすそ野に位置する温泉宿泊施設「ほりでーゆ~四季の郷」が管理する「須砂渡キャンプ場」「憩いの森オートキャンプ場」の二ヶ所のキャンプ場。「須砂渡キャンプ場」は車の乗り入れができないテントサイトで、木立に囲まれた中で素朴なキャンプを楽しめる。「憩いの森オートキャンプ場」はカラマツの木立に包まれた、自然あふれるオートキャンプ場で車の横付けが可能。AC電源の利用も可能。どちらのキャンプ場も自然を満喫できるロケーション。

本館「ほりでーゆ~四季の郷」の温泉施設までは各々徒歩2分~15分ほど。また徒歩圏内にマレットゴルフ場やパターゴルフ場などもある。

須砂渡キャンプ場(憩いの森オートキャンプ場)基本情報

キャンプ場の基本情報です。一部内容については直接確認が取れていない項目や、キャンプ場によってはシーズンで変動するような項目も含まれています。最新の情報は必ず各施設へご確認ください。

住所

長野県安曇野市堀金烏川11-1

アクセス

長野自動車道「安曇野インター」から約10km

営業期間

4月~10月

参考料金

【須砂渡キャンプ場キャンプサイト】2,700円 【憩いの森オートキャンプ場】5,300円

チェックイン

13:00

チェックアウト

11:00

ペット同伴

ペット可

オプション

各種キャンプ用品のレンタルや、薪、炭、氷等の販売あり

風呂・シャワー

本館「ほりでーゆ~四季の郷」の温泉施設まで徒歩圏 約6kmのところにしゃくなげの湯あり 約11kmのところにファインビュー室山あり

場内施設

管理棟、トイレ、炊事棟、自動販売機

その他

ゴミは有料にて引き取り可。

電話番号

0263-72-6976(須砂渡キャンプ場)
0263-73-9122(憩いの森オートキャンプ場)
0263-73-8500(オフシーズン・ほりでーゆ~四季の郷)

ホームページ
(参考ページ)

須砂渡キャンプ場(憩いの森)WEBサイト
http://www.holiday-you.co.jp/facilities.html
(ほりでーゆ~ 四季の郷)
2020年2月現在の情報を掲載しています。(掲載の料金はキャンプ場により税別・税込の表記が混在しています。)

利用者のブログ・キャンプレポート

須砂渡キャンプ場 の感想やレポート、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に、ブログをまとめて紹介させていただいています。キャンプ場を利用したり、実際に下見した方のブログ記事は貴重な口コミ情報です。施設の評判やオススメ情報の参考にしてみてください。(なるべく実際の利用月を表示しています)

※前回の記事ピックアップ巡回時期(2019年8月)から今回の巡回までに、新たに紹介できるブログ記事は投稿されていませんでした。

SNSでの評判(インスタグラム・ツイッター)

須砂渡キャンプ場について掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページを案内しています。(他の類似名施設と混在している場合があります)

口コミ/ランキング サイト

口コミサイトやランキングサイトでの須砂渡キャンプ場の掲載ページを案内しています。(サイトによっては施設の掲載名称が異なる場合があります)

須砂渡キャンプ場周辺観光情報

日本一広大なわさび田を有し、敷地内の散策を楽しんだり、飲食店や体験施設も揃う一大観光スポット「大王わさび農場」までは約10km。

地元の旬の新鮮野菜・果物・そばなどを購入でき、臼井吉見文学館などの施設も併設されている「道の駅 アルプス安曇野ほりがねの里」までは約6.5km。

美術館、吹きガラス工房、レストランなどの施設があり、ガラス制作体験を行うワークショップも楽しめる「安曇野アートヒルズミュージアム」までは約5.5km。

五重六階の天守が現存している日本最古の城で、国宝にも指定されている「松本城」までは約19km。

北アルプス連峰や安曇野、美ヶ原や松本市街を一望できる小高い丘にあり、ローラー付きソリで林間コースを滑るアルプスドリームコースターなどのレクリエーションや小さな動物園などの施設で楽しめる「松本市アルプス公園」までは約20km。

キャンプ場イメージ31
キャンプ場イメージ1

「県別アクセスランキング」
「掲載キャンプ場一覧」はこの先