ウォムキャンプロゴマーク

あのキャンプ場の口コミ・ブログ・評判

キャンプファンのためのサイト" WOM-CAMP ウォムキャンプ "

参考になるブログやサイトをピックアップ

2023年-2024年シーズンを楽しもう!

五光牧場オートキャンプ場

八ヶ岳の麓、野辺山高原にある、元牧場という広大な敷地を生かした大自然の中のキャンプ場。標高約1,300メートルの高原の自然を満喫でき、夜には満天の星空も堪能できる。場内の上の方のエリアからは八ヶ岳を一望できる。夏でも快適な気温で過ごすことができ、カブトムシやクワガタなど野生の昆虫もたくさん現れる。炊事場の水は場内で湧き出る飲用可能な美味しい天然水を使用。場内には無料で利用できる大浴場もある。またここ近年、年末年始を含めた通年営業を実施されていて、豊富な積雪量の中での雪中キャンプを楽しむこともできる。

サイトは全面天然芝のフリーサイトで車の乗り入れも可能。傾斜地なので平坦な場所を選んで設営する必要はあるが、開放的なエリアや木々に禍根れて木陰も確保しやすい林間エリアなどどのエリアも心地よい環境で、好みに応じたロケーションで伸び伸びとテントを張れる。なお、サッカーグランドが5面と、200名収容の宿泊施設があり、サッカー合宿の受け入れにも対応している。

WOMCAMPサイトイメージ31:キャンプスタイル

五光牧場オートキャンプ場基本情報

ごこうぼくじょうおーときゃんぷじょう

キャンプ場の基本情報です。一部内容については直接確認が取れていない項目や、キャンプ場によってはシーズンで変動するような項目も含まれています。最新の情報は必ず各施設へご確認ください。

住所
長野県南佐久郡川上村樋沢1417
アクセス
中央自動車道「須玉IC」から約27km、「長坂IC」から約19.5km
営業期間
通年(年末年始も営業)
参考料金
【車1台】4名まで:5,500円 【キャンピングカー】4名まで:6,600円 【バイク利用】1名:2,700円
チェックイン
9:00~18:00
チェックアウト
11:00(冬季シーズンは15:00)
ペット同伴
ペット可
オプション
薪の販売、毛布の貸し出しあり
風呂・シャワー
場内に無料利用できる大浴場あり(時期によりシャワーのみ、または休業の場合あり) 約14kmのところに甲斐大泉温泉 パノラマの湯あり
場内施設
管理棟、トイレ、炊事場、かまど、自動販売機、
その他
直火は禁止。焚き火台やコンロ等の器具を利用しての焚火等は可。 ゴミは有料で引き取り可。
電話番号
ホームページ
(参考ページ)
五光牧場オートキャンプ場WEBサイト
http://goko-autocamp.p2.weblife.me/
掲載内容は旧シーズンの情報となります。最新の情報は施設ホームページや利用者ブログ等でご確認ください。(掲載の料金はキャンプ場により税別・税込の表記が混在しています。)

利用者のブログ・キャンプレポート

"五光牧場オートキャンプ場" の感想やレポート、場内やサイトの様子がわかる記事、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に、ブログをピックアップして紹介させていただいています。

キャンプ場を利用したり、実際に下見した方のブログ記事は貴重な口コミ情報です。施設の評判やオススメ情報の参考にしてみてください。

(なるべく実際の利用月を表示しています)

SNSでの評判(インスタグラム・ツイッター)

"五光牧場オートキャンプ場" について掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページを案内しています。(他の類似名施設と混在している場合があります)

口コミ/ランキング サイト

口コミサイトやランキングサイトでの "五光牧場オートキャンプ場" の掲載ページを案内しています。(サイトによっては施設の掲載名称が異なる場合があります)

五光牧場オートキャンプ場周辺観光情報

国立天文台野辺山宇宙電波観測所のすぐそばにあり、季節に合わせた夜空の星座解説とヴァーチャル宇宙旅行を体験できるドーム型シアターや、立体映像の南牧村を自由自在に飛び回る飛行操縦体験が楽しめるフライトシュミレーターなどの施設が備わった「南牧村農村文化情報交流館」までは約3km。

緑の森に個性的なショップ・レストラン・オルゴール博物館などが点在する「萌木の村」までは約8km。

有機ジャージー牛乳を乳を使ったソフトクリームが名物の清里を代表する観光名所「清泉寮」までは約10km。

テニス・ゴルフ・プール・温泉・レストランなどが揃う総合レジャー施設「清里丘の公園」までは約10km。

WOMCAMPサイトイメージ26:キャンプスタイル
WOMCAMPサイトイメージ23:キャンプスタイル

「県別アクセスランキング」
「掲載キャンプ場一覧」はこの先