ウォムキャンプロゴマーク

あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

キャンプファンのためのサイト " WOM-CAMP ウォムキャンプ "

参考になるブログやサイトをピックアップ 

2019年-2020年シーズンを楽しもう!

鉢ヶ崎オートキャンプ場

はちがさきおーときゃんぷじょう
キャンプ場イメージ18

能登半島先端エリア、飯田湾に面した鉢ヶ崎海岸近くのキャンプ場。奥能登絶景街道(県道28号線)より内陸側に位置しているが、海岸へは徒歩で行ける距離。鉢ヶ崎海水浴場は県内でも有数の透明度を誇り、「日本の渚・百選」に選定された遠浅の海が続く海岸。芝生広場やサニタリー棟を中心にサイトが広がっていて、木々が立ち並ぶ緑豊かなロケーション。区画サイト、フリーサイトともに綺麗に整備された芝生のサイトで、区画サイトには個別の水道と流し台設備付きのサイトもある。キャンプサイト以外にも、バス・トイレ・キッチン・冷蔵庫などの設備が整ったキャンピングトレーラーハウスがある。コインシャワーやコインランドリーなどの設備も備わった共用施設は管理が行き届いていて気持ちよく利用できる。

キャンプ場の敷地周囲、ほぼ隣接したエリアには、木製の大型遊具がある「鉢ケ崎わくわく夢らんど」、天然温泉の屋内風呂・露天風呂・薬湯、ロッキーサウナの他、休憩所や食堂などが揃った日帰り温泉施設「元気の湯」、手回しろくろを使った珠洲焼を体験できる「珠洲市陶芸センター」、能登のお土産にぴったりな珠洲焼が多彩に揃う「珠洲焼館」などの施設がある。

なお、街道を越えた海側に、バス・トイレ・冷暖房・炊飯器・冷蔵庫・調理器具などが揃う貸別荘仕様のケビンが並ぶ「鉢ヶ崎ケビン(同系列運営)」がある。

鉢ヶ崎オートキャンプ場基本情報

キャンプ場の基本情報です。一部内容については直接確認が取れていない項目や、キャンプ場によってはシーズンで変動するような項目も含まれています。最新の情報は必ず各施設へご確認ください。

住所

石川県珠洲市蛸島町鉢ヶ崎36-2

アクセス

能越自動車道「のと里山空港インター」から約47km

営業期間

3月~11月

参考料金

【清掃協力費】300円 【フリーサイト】2,800円 【個別サイト】3,800円 【サニタリーユニット付きサイト】5,800円 【トレーラーハウス】13,000円~18,400円

チェックイン

11:00(トレーラーハウス 14:00)

チェックアウト

10:00

ペット同伴

ペット可

オプション

<レンタル>
テント:1,500円 シュラフ:1,000円 ハンモック:1,000円 炊飯器:1,000円 ガスランタン:500円 ツインバーナー:1,000円 テーブルセット:1,000円 バーベキュー器具セット:1,000円 ダッチオーブン:1,000円 など

<販売品>
木炭 調味料類 アルコール類 蚊取り線香 など

風呂・シャワー

温水シャワー あり(5分:300円) 隣接して元気の湯あり 約5kmのところに海浜あみだ湯あり

場内施設

管理棟、売店、トイレ、洗面台、炊事棟、かまど、コインランドリー、芝生公園

その他

ゴミは分別して引き取り可。 リードの使用等ペットルールあり。 直火は禁止。焚火台やコンロ等の器具を利用しての焚き火等は可。 花火は手持ちのみ可。 発電機、カラオケの使用は禁止。

電話番号

ホームページ
(参考ページ)

鉢ヶ崎オートキャンプ場WEBサイト
https://hachigasaki.com/
(鉢ヶ崎ケビン)
2020年4月現在の情報を掲載しています。(掲載の料金はキャンプ場により税別・税込の表記が混在しています。)

利用者のブログ・キャンプレポート

鉢ヶ崎オートキャンプ場 の感想やレポート、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に、ブログをまとめて紹介させていただいています。キャンプ場を利用したり、実際に下見した方のブログ記事は貴重な口コミ情報です。施設の評判やオススメ情報の参考にしてみてください。(なるべく実際の利用月を表示しています)

SNSでの評判(インスタグラム・ツイッター)

鉢ヶ崎オートキャンプ場について掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページを案内しています。(他の類似名施設と混在している場合があります)

口コミ/ランキング サイト

口コミサイトやランキングサイトでの鉢ヶ崎オートキャンプ場の掲載ページを案内しています。(サイトによっては施設の掲載名称が異なる場合があります)

鉢ヶ崎オートキャンプ場周辺観光情報

採れたて野菜や海産物をはじめ珠洲の特産品や民芸品など珠洲産にこだわった800種類以上の商品を取り揃えている「道の駅 すずなり」までは約6km。

正面からの形が軍艦に似ているので「軍艦島」とも呼ばれる、高さ28メートルの大きな岩がそびえ立つ島で、引き潮の時間帯には島の近くまで歩いていくこともできる珠洲を代表する景勝地「見附島」までは約12km。

崖から約9.5m突き出たスリル満点の展望台で、展望台先端からは日本海と金剛崎の絶景が広がる「空中展望台スカイバード」や「青の洞窟」などがある、日本三大パワースポットと呼ばれる中のひとつ「珠洲岬」までは約12km。

塩をキーワードとした道の駅で、伝統の"揚げ浜式"での塩づくりの見学や体験ができる塩の総合資料館や、天然塩をはじめとした珠洲の特産品なども揃う「道の駅 すず塩田村」までは約25km。

日本の棚田百選にも選ばれている「白米の千枚田」が一望できる絶景ポイントで、海産物や天然塩、農産物など能登の特産品も揃っている「道の駅 千枚田 ポケットパーク」までは約38km。

全長360mの朝市通りに新鮮な海産物をはじめ、採れたて野菜や干物、民芸品などを扱う200軒以上の露店がずらりと並ぶ、日本三大朝市にも数えられる「輪島朝市(本町・朝市通り)」までは約49km。

キャンプ場イメージ31
キャンプ場イメージ1

「県別アクセスランキング」
「掲載キャンプ場一覧」はこの先