ウォムキャンプロゴマーク

あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

キャンプファンのためのサイト " WOM-CAMP ウォムキャンプ "

参考になるブログやサイトをピックアップ 

2019年-2020年シーズンを楽しもう!

麻那姫湖青少年旅行村

まなひめこせいしょうねんりょこうむら
キャンプ場イメージ18

麻那姫湖に注ぐ真名川の上流域にある、緑の山々に囲まれた自然豊かなキャンプ場。真名川と支流の笹生川の合流地点に位置していて、敷地は川をまたぐように広がっているので場内で存分に川遊びを楽しめる。芝生広場や遊び広場など開放的な緑の自然を満喫できるロケーションで、夜には満天の星空も堪能できる。

キャンプサイトは区画サイトとフリーサイトがあり、開放的な芝生サイトをメインに約400張の収容規模。いずれのサイトでも十分な広さを確保できる。フリーサイトは入村料のみとリーズナブルに利用でき、チェックイン・チェックアウトもフリータイムとなっている。キャンプサイト以外にもシンプルな造りのバンガローがある。

麻那姫湖青少年旅行村基本情報

キャンプ場の基本情報です。一部内容については直接確認が取れていない項目や、キャンプ場によってはシーズンで変動するような項目も含まれています。最新の情報は必ず各施設へご確認ください。

住所

福井県大野市中島

アクセス

中部縦貫自動車道「大野インター」から約24km

営業期間

4月中旬~11月末

参考料金

【入村料 1日当り】普通車:初日500円・2日目以降600円、中型車:1,100円、大型車:1,600円 【バイク泊】500円(清掃協力費) 【区画サイト】1泊:1,000円~1,500円 【バンガロー】1泊:2,000円~2,500円

チェックイン

14:00(フリーサイトはフリー)

チェックアウト

11:00(フリーサイトはフリー)

ペット同伴

ペット専用サイトあり

オプション

<レンタル>
タープ 鉄板

<販売品>
木炭 アルコール類 ドリンク類 など

風呂・シャワー

コインシャワー 約25kmのところにあっ宝んどあり

場内施設

管理棟、炊事棟、トイレ、自動販売機、ファイヤーサークル、多目的広場、野外炉

その他

ゴミは分別して引き取り可。

電話番号

ホームページ
(参考ページ)

2020年6月現在の情報を掲載しています。最新の情報は、施設ホームページ等でご確認ください。(掲載の料金はキャンプ場により税別・税込の表記が混在しています。)

利用者のブログ・キャンプレポート

"麻那姫湖青少年旅行村" の感想やレポート、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に、ブログをまとめて紹介させていただいています。キャンプ場を利用したり、実際に下見した方のブログ記事は貴重な口コミ情報です。施設の評判やオススメ情報の参考にしてみてください。(なるべく実際の利用月を表示しています)

※前回の記事ピックアップ巡回時期(2019年8月)から今回の巡回までに、新たに紹介できるブログ記事は投稿されていませんでした。

SNSでの評判(インスタグラム・ツイッター)

"麻那姫湖青少年旅行村" について掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページを案内しています。(他の類似名施設と混在している場合があります)

口コミ/ランキング サイト

口コミサイトやランキングサイトでの "麻那姫湖青少年旅行村" の掲載ページを案内しています。(サイトによっては施設の掲載名称が異なる場合があります)

麻那姫湖青少年旅行村周辺観光情報

世界三大恐竜博物館の一つに数えられ、44体もの恐竜全身骨格をはじめ、化石やジオラマ、復元模型等が数多く展示されている世界に誇る博物館「福井県立恐竜博物館」までは約33km。博物館のある「かつやま恐竜の森」のエリア内には、化石発掘体験を楽しめる施設や、本物さながらに動く実物大の恐竜44頭が設置された森をウォークスルーで味わえる冒険アトラクション「かつやまディノパーク」など多彩な施設が点在している。

奥越高原牧場の生乳を使ったアイスクリームを味わえるほか、手作りアイスやカッテージチーズ、バターの加工体験なども楽しめる「ミルク工房奥越前」までは約29km。

全長約1kmの「メガジップライン」や樹上に広がるジャングルジム「アドベンチャーパーク」、足羽川の源流を下る全長約2kmのミニラフティングなどのアクティビティを楽しめる日本最大級の冒険の森「ツリーピクニックアドベンチャーいけだ」までは約52km。

キャンプ場イメージ31
キャンプ場イメージ1

「県別アクセスランキング」
「掲載キャンプ場一覧」はこの先