ウォムキャンプロゴマーク

あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

キャンプファンのためのサイト " WOM-CAMP ウォムキャンプ "

参考になるブログやサイトをピックアップ 

2019年-2020年シーズンを楽しもう!

ロックフィールドいとしろ

ろっくふぃーるどいとしろ
キャンプ場イメージ18

白山連峰の南麓域、福井県との県境エリアに位置する清流石徹白川の上流域沿いあるキャンプ場。大自然を満喫できるロケーションで、夜には満天の星空も堪能できる。すぐ横を流れる石徹白川では川遊びを楽しめ、場内の釣り堀やつかみ取り池ではニジマスやイワナ釣りやつかみ取りも楽しめる。キャンプサイトは自然の地形を活かした林間サイトで、AC電源設備付きの区画もある。サイトは広めで、区画によって木陰の確保などのロケーションが異なる。全サイトで直火がOK。来場者が30組を超える日は、広場でキャンプファイヤーが開催される場合もある。キャンプ用品やアウトドア用品のレンタル品もひと通り揃っている。

ロックフィールドいとしろ基本情報

キャンプ場の基本情報です。一部内容については直接確認が取れていない項目や、キャンプ場によってはシーズンで変動するような項目も含まれています。最新の情報は必ず各施設へご確認ください。

住所

岐阜県郡上市白鳥町石徹白下折土

アクセス

東海北陸自動車道「高鷲インター」から約20km、「白鳥インター」から約23km

営業期間

4月~11月

参考料金

【入場料】中学生以上:200円、小人:100円 【清掃協力費】500円 【電源サイト】5,000円~5,500円 【非電源サイト】4,000円~4,500円 【バンガロー】8,000円~8,500円 など

チェックイン

13:00

チェックアウト

12:00

ペット同伴

ペット可

オプション

<レンタル>
テント:5,000円~ タープ:2,500円 シュラフ:1,500円 毛布:300円 マット:1,500円 ランタン:1,500円 テーブル:1,500円 イス:1,500円 鉄板:1,000円 鍋:1,000円 飯ごう:300円 自転車:無料 など

<販売品>
木炭 燃料類 着火マン 洗剤 虫除け など

風呂・シャワー

シャワー室あり(1回:200円) 約7kmのところに満天の湯あり 約19kmのところに湯の平温泉あり

場内施設

管理棟、売店、自動販売機、トイレ、炊事棟、釣り堀

その他

花火は禁止。 ゴミは分別して引き取り可。

電話番号

ホームページ
(参考ページ)

2020年4月現在の情報を掲載しています。(掲載の料金はキャンプ場により税別・税込の表記が混在しています。)

利用者のブログ・キャンプレポート

ロックフィールドいとしろ の感想やレポート、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に、ブログをまとめて紹介させていただいています。キャンプ場を利用したり、実際に下見した方のブログ記事は貴重な口コミ情報です。施設の評判やオススメ情報の参考にしてみてください。(なるべく実際の利用月を表示しています)

※前回の記事ピックアップ巡回時期(2019年02月)から今回の巡回までに、新たに紹介できるブログ記事は投稿されていませんでした。

SNSでの評判(インスタグラム・ツイッター)

ロックフィールドいとしろについて掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページを案内しています。(他の類似名施設と混在している場合があります)

口コミ/ランキング サイト

口コミサイトやランキングサイトでのロックフィールドいとしろの掲載ページを案内しています。(サイトによっては施設の掲載名称が異なる場合があります)

ロックフィールドいとしろ周辺観光情報

ハーネスを装着する本格ツリーアドベンチャーや、セグウェイに乗ってガイド付きの森林探索などのプログラムを楽しめる「冒険の森 いとしろ」までは約2.5km。

滝壺のすぐ近くまで遊歩道が整備されている日本の滝100選にも選ばれた落差約60メートルの名瀑「阿弥陀ヶ滝」までは約12km。

ひるがの高原スキー場のグリーンシーズンで、ジップライン・山頂バギーのツアー・ディスクゴルフなどのアクティビティをはじめ、4万株の桃色吐息(ペチュニア)が咲き誇る眺めや、白山連峰が一望できる山頂でテラスカフェも楽しめる「ひるがのピクニックガーデン」までは約28km。

キャンプ場イメージ31
キャンプ場イメージ1

「県別アクセスランキング」
「掲載キャンプ場一覧」はこの先