ウォムキャンプロゴマーク

あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

キャンプファンのためのサイト " WOM-CAMP ウォムキャンプ "

参考になるブログやサイトをピックアップ 

2019年-2020年シーズンを楽しもう!

大津谷公園キャンプ場

おおつだにこうえんきゃんぷじょう
キャンプ場イメージ18

揖保川の支流、杭瀬川沿いにある公営の無料キャンプ場。キャンプ場前のせせらぎは浅瀬の多い区間で、気軽に水遊びが楽しめる。春のお花見、秋の紅葉散策なども含め、四季折々の自然と触れ合える人気の行楽スポットになっている。シーズンには日帰り利用も含め大変な賑わいを見せる。キャンプ場の敷地は川沿いに長く広がる広大な面積で、道路を挟んで上流側が芝生のサイト、下流側が砂利のサイトになっていて、いずれも車の乗り入れは不可。砂利サイトは整地された平坦なエリアだが地面は硬いので協力なペグが必要。駐車場からの距離は近く、荷物の積み下ろしには便利なロケーション。芝生サイトは川沿いのエリアとなり平坦な場所は少ないが人気が高い。反面駐車場からの距離が遠い場所もあるので、荷物はコンパクトにしておきたい。サイトは全エリアがフリーサイトなので、特に芝生サイトの平坦な場所などは人気が高く早い時間から埋まっていることが多い。無料キャンプ場ながら、トイレや水場も管理が行き届いていて、気持ちよくキャンプが楽しめる。

都市部郊外なので、買い物等で特に不便はない。予約や連絡は不要で、ゴミは全て持ち帰り。近隣の無料キャンプ場 粕川オートキャンプ場 と比較されることが多い。

大津谷公園キャンプ場基本情報

キャンプ場の基本情報です。一部内容については直接確認が取れていない項目や、キャンプ場によってはシーズンで変動するような項目も含まれています。最新の情報は必ず各施設へご確認ください。

住所

岐阜県揖斐郡池田町願成寺

アクセス

東海環状自動車道「大垣西インター」から約12km

営業期間

通年営業

参考料金

無料

チェックイン

フリー

チェックアウト

フリー

ペット同伴

ペット可

オプション

風呂・シャワー

約1.5kmのところに湯華の郷あり 約5kmのところに池田温泉あり 約8.5kmのところにかすがモリモリ村 リフレッシュ館あり

場内施設

トイレ、流し場

その他

ゴミは全て持ち帰り。 直火は禁止。焚火台やコンロ等の器具を利用しての焚き火等は可。 ペットを放し飼いにしないこと。 事前の場所取りは禁止。 長期にわたってテントを張り続ける等の行為は禁止。

電話番号

0585-45-3111(池田町役場建設部産業課)

ホームページ
(参考ページ)

2020年4月現在の情報を掲載しています。(掲載の料金はキャンプ場により税別・税込の表記が混在しています。)

利用者のブログ・キャンプレポート

大津谷公園キャンプ場 の感想やレポート、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に、ブログをまとめて紹介させていただいています。キャンプ場を利用したり、実際に下見した方のブログ記事は貴重な口コミ情報です。施設の評判やオススメ情報の参考にしてみてください。(なるべく実際の利用月を表示しています)

SNSでの評判(インスタグラム・ツイッター)

大津谷公園キャンプ場について掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページを案内しています。(他の類似名施設と混在している場合があります)

口コミ/ランキング サイト

口コミサイトやランキングサイトでの大津谷公園キャンプ場の掲載ページを案内しています。(サイトによっては施設の掲載名称が異なる場合があります)

大津谷公園キャンプ場周辺観光情報

標高300メートルほどの山の中腹から山頂にかけて一面に広がる茶畑で、遊歩道を進んだ先から望む絶景が話題となっているスポット「岐阜のマチュピチュ 天空の茶畑」までは約8.5km。

地元の新鮮な農産物や特産品が揃い、レストランや足湯でも楽しめる「道の駅 池田温泉」までは約6km。

実物大のコンクリート像で関ヶ原の戦いを再現したテーマパーク型資料館「関ヶ原ウォーランド」までは約19km。

年間を通じて洞内温度は約15度で、5億年前に出現した古生代の化石や神秘的な鍾乳石を楽しめる全長518メートルの鍾乳洞「関ヶ原鍾乳洞」までは約22km。

名瀑「養老の滝」を中心に様々な歴史観光名所を巡ることができ、78万平方メートルもの広大な敷地に「養老天命反転地」「岐阜県こどもの国」など多彩なスポットが満載の「養老公園」までは約26km。

キャンプ場イメージ31
キャンプ場イメージ1

「県別アクセスランキング」
「掲載キャンプ場一覧」はこの先