ウォムキャンプロゴマーク

あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

キャンプファンのためのサイト " WOM-CAMP ウォムキャンプ "

参考になるブログやサイトをピックアップ 

2019年-2020年シーズンを楽しもう!

PICA初島

ぴかはつしま
キャンプ場イメージ18

(2019年4月より「初島アイランドリゾート」から「PICA初島」に名称変更)

熱海港から船で30分の初島にあるアジアンリゾートがテーマのリゾート施設の中のキャンプエリア。宿泊施設をはじめ、何百種類もの亜熱帯の植物が生い茂るアジアンガーデンの中のカフェ「R-Asia」、専用のハーネスを着用して樹の上を渡っていき、生い茂った木々の間を通り抜けたり、海の景色を眺めたりと冒険気分を存分に味わう事ができるヨーロッパで人気の自然体験施設「初島アドベンチャー SARUTOBI」、無人島に漂着した少年が、不思議なものだらけの世界を冒険するというストーリーに沿ってアクティビティを攻略するアスレチックパーク「アドベンチャーアイランド VOTAN」、海岸線ぎりぎりの露天風呂「島の湯」などの施設が併設されていて、夏季シーズンには海水を利用した海辺のリゾートプールも営業される。

宿泊施設はグランピング仕様の設備が整った「アジアンリゾートヴィラ」と「トレーラーヴィラ」が亜熱帯の木々と芝で緑が一面に広がるガーデンに点在していて、1泊2食付きの料金設定を軸に様々宿泊プランが用意されている。初島には車の乗り入れができないので、車は熱海港に停めておくことになる。

PICA初島(ピカ初島)基本情報

キャンプ場の基本情報です。一部内容については直接確認が取れていない項目や、キャンプ場によってはシーズンで変動するような項目も含まれています。最新の情報は必ず各施設へご確認ください。

住所

静岡県熱海市初島

アクセス

<熱海港までのアクセス>
東名高速道路「厚木インター」から小田原厚木道路・国道135号経由約60分 東名高速道路「沼津インター」から、国道1号・国道136号経由60分 JR「熱海駅」からバスまたはタクシーで10分
<熱海港から>
高速船イル・ド・バカンス号が運航(所要時間30分)。初島港から徒歩約10分

営業期間

通年営業

参考料金

【アジアンリゾートヴィラ(1泊2食付)】大人:12,000円~23,000円、小人:11,000円~22,000円 など

チェックイン

14:00~17:00

チェックアウト

7:00~11:00

ペット同伴

ペット不可

オプション

<初島アドベンチャー「SARUTOBI」>
専用のハーネスを着用して樹の上を渡っていくヨーロッパで人気の自然体験施設
(宿泊者料金)大人:1,600円、小人:1,300円

<アドベンチャーアイランド VOTAN>
10種類のオリジナリティあふれるアクティビティを攻略するアスレチックパーク
600円

<海賊島の冒険日記>
初島に隠された海賊の宝を探し出す宝探しゲーム
600円

風呂・シャワー

場内の温浴施設「島の湯」を利用可(無料)

場内施設

管理棟、売店、カフェ、バー

その他

たき火・炭火等の火を焚く行為は一切禁止。花火・カラオケの使用は禁止。 ゴミは分別して引き取り可。 車での来場は不可。熱海港近隣に駐車し船で渡航することになる。

電話番号

0555-30-4580(ヘルプデスク)
0557-67-2151(フロント)

ホームページ
(参考ページ)

2020年1月現在の情報を掲載しています。(掲載の料金はキャンプ場により税別・税込の表記が混在しています。)

利用者のブログ・キャンプレポート

PICA初島 の感想やレポート、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に、ブログをまとめて紹介させていただいています。キャンプ場を利用したり、実際に下見した方のブログ記事は貴重な口コミ情報です。施設の評判やオススメ情報の参考にしてみてください。(なるべく実際の利用月を表示しています)

※前回の記事ピックアップ巡回時期(2019年02月)から今回の巡回までに、新たに紹介できるブログ記事は投稿されていませんでした。

SNSでの評判(インスタグラム・ツイッター)

PICA初島について掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページを案内しています。(他の類似名施設と混在している場合があります)

口コミ/ランキング サイト

口コミサイトやランキングサイトでのPICA初島の掲載ページを案内しています。(サイトによっては施設の掲載名称が異なる場合があります)

PICA初島周辺観光情報

初島内ではPICA初島自体が観光地であるため、場内にあるアクティビティ施設を満喫したりカフェなどでゆっくり過ごすのが一番。熱海港に戻ってからは熱海の観光を楽しめる。

キャンプ場イメージ31
キャンプ場イメージ1

「県別アクセスランキング」
「掲載キャンプ場一覧」はこの先