ウォムキャンプロゴマーク

あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

キャンプファンのためのサイト " WOM-CAMP ウォムキャンプ "

参考になるブログやサイトをピックアップ 

2019年-2020年シーズンを楽しもう!

ヒストリーパーク塚原オートキャンプ場

ひすとりーぱーくつかはらおーときゃんぷじょう
キャンプ場イメージ18

敷地内に川が流れるキャンプ場。山に囲まれた自然豊かなロケーションで、水辺での川遊びやサワガニ捕り、虫捕りなど自然を満喫できる過ごし方を楽しめる。季節にはホタル観賞も楽しめる。夜には満天の星空も堪能できる。場内に釣り堀や魚のつかみ取り池があるほか、木工体験ができる施設や遊具施設の備わった芝生広場もある。敷地は緩やかな傾斜地で、きれいに区画されたオートキャンプサイトが段々状に区画されている。サイトは木が少なめの開放的な区画や、木立が立ち並ぶ林間の雰囲気を持つ区画などバリエーション豊か。季節のイベントなども開催され、流しそうめんが楽しめるオプションなども用意されている。

ヒストリーパーク塚原オートキャンプ場基本情報

キャンプ場の基本情報です。一部内容については直接確認が取れていない項目や、キャンプ場によってはシーズンで変動するような項目も含まれています。最新の情報は必ず各施設へご確認ください。

住所

三重県津市美杉町下之川2820-2

アクセス

伊勢自動車道「久居インター」から約26km

営業期間

4月~10月

参考料金

【オートキャンプサイト AC電源無】4,700円 【オートキャンプサイト AC電源付】5,200円

チェックイン

13:00

チェックアウト

12:00

ペット同伴

ペット可

オプション

<レンタル>
テント:2,000円 タープ:1,500円 毛布:300円 バーベキューコンロ:700円

<販売品>
木炭 ドリンク類 調味料類 インスタント食品 など

風呂・シャワー

温水シャワーあり(5分:100円) 約1kmのところに津市下之川住民交流センターあり 約16kmのところに火の谷温泉 美杉リゾートあり

場内施設

管理棟、売店、水洗トイレ、炊事場、釣り堀池、炭焼小屋、木工広場、遊具施設、魚のつかみ取り池、遊歩道、コインランドリー

その他

ゴミは持ち帰り(生ゴミのみ引き取り可の場合あり)。 リードの使用等ペットルールあり。 指定の場所以外では火気の使用は禁止。 利用日当日の予約は受け付けていない。

電話番号

ホームページ
(参考ページ)

2020年8月現在の情報を掲載しています。最新の情報は、施設ホームページ等でご確認ください。(掲載の料金はキャンプ場により税別・税込の表記が混在しています。)

利用者のブログ・キャンプレポート

"ヒストリーパーク塚原オートキャンプ場" の感想やレポート、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に、ブログをまとめて紹介させていただいています。キャンプ場を利用したり、実際に下見した方のブログ記事は貴重な口コミ情報です。施設の評判やオススメ情報の参考にしてみてください。(なるべく実際の利用月を表示しています)

※前回の記事ピックアップ巡回時期(2019年8月)から今回の巡回までに、新たに紹介できるブログ記事は投稿されていませんでした。

SNSでの評判(インスタグラム・ツイッター)

"ヒストリーパーク塚原オートキャンプ場" について掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページを案内しています。(他の類似名施設と混在している場合があります)

口コミ/ランキング サイト

口コミサイトやランキングサイトでの "ヒストリーパーク塚原オートキャンプ場" の掲載ページを案内しています。(サイトによっては施設の掲載名称が異なる場合があります)

ヒストリーパーク塚原オートキャンプ場周辺観光情報

地元で取れた新鮮な野菜や、こんにゃくやあまごの甘露煮など美杉地域ならではの特産品が販売され、地元林産業者から出品された美杉材の木材加工品なども展示・販売されている「道の駅 美杉」までは約9km。

約23ヘクタールの広大な農業公園で、四季を通していろんな顔を持つイングリッシュガーデン、地元農産物などが並ぶ直売所や松阪牛などの名産品が揃う売店、素材にこだわったメニューが楽しめるカフェなどがあり、松阪牛肉味噌作り・季節のジャム作り・季節のタルト作りなどの体験講座も楽しめる「松阪農業公園ベルファーム」までは約25km。

国の史跡にも指定された松阪のシンボル的存在で、桜、梅、藤、銀杏など、四季折々の花や景観が楽しめ、城跡からは城下町の面影を残すまち並みを一望できる「松坂城跡(松阪公園)」までは約29km。隣接して、城の警護を任された紀州藩士が住んでいた趣ある武家屋敷が現存する観光スポット「御城番屋敷」がある。

キャンプ場イメージ31
キャンプ場イメージ1

「県別アクセスランキング」
「掲載キャンプ場一覧」はこの先