ウォムキャンプロゴマーク

あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

キャンプファンのためのサイト " WOM-CAMP ウォムキャンプ "

参考になるブログやサイトをピックアップ 

2021年-2022年シーズンを楽しもう!

大淀ふれあいキャンプ場

おおよどふれあいきゃんぷじょう
キャンプ場イメージ18

大堀川の河口に位置するキャンプ場で大淀海水浴場が目の前。キャンプ場から20~30メートルくらいにある堤防を下りると海水浴場。海水浴場から見える灯台付近では釣りも楽しめ、シーズンには潮干狩りも楽しめる。キャンプサイトは松林エリアで車の乗り入れができないフリーサイトと、松林を抜けた海岸側に位置するオートキャンプサイト(カーサイト)がある。キャンプサイト以外にもシンプルな造りのバンガローがある。

大淀ふれあいキャンプ場基本情報

キャンプ場の基本情報です。一部内容については直接確認が取れていない項目や、キャンプ場によってはシーズンで変動するような項目も含まれています。最新の情報は必ず各施設へご確認ください。

住所

三重県多気郡明和町大淀

アクセス

伊勢自動車道「松阪インター」から約21km

営業期間

4月~10月

参考料金

【設利用料】小学生以上1名1日:300円 【ゴミ処理費】1グループ:200円 【テント(持ち込み)】1張:4,000円~5,000円 【タープ(持ち込み)】1張:2,000円 【カーサイト】7,000円~8,000円 【バンガロー 6畳】7,000円~10,000円 【バンガロー 12畳】12,000円~16,000円 など

チェックイン

13:00~17:00

チェックアウト

8:30~11:00

ペット同伴

ペット同伴可(バンガローへの入室は不可)

オプション

<レンタル>
バーベキュー用具セット:2,200円 毛布:200円

<オプション食材>
バーベキュー食材セット:2人前 2,000円 BBQ松坂牛ホルモンセット:2人前 2,600円

風呂・シャワー

コインシャワーあり(1回:300円) 約14kmのところに船江温泉 みたすの湯あり 約17kmのところに松阪温泉 熊野の郷あり

場内施設

管理棟、トイレ、炊事棟、かまど

その他

利用日の6日前までに予約が必要。

電話番号

0596-52-0055(平日・事務局)
0596-55-4664(土日・キャンプ場)

ホームページ
(参考ページ)

大淀ふれあいキャンプ場WEBサイト
http://meiwa.sub.jp/camp/camp.html
(明和町観光協会HP)
掲載は旧シーズンの情報となります。最新の情報は施設ホームページ等でご確認ください。(掲載の料金はキャンプ場により税別・税込の表記が混在しています。)

利用者のブログ・キャンプレポート

"大淀ふれあいキャンプ場" の感想やレポート、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に、ブログをまとめて紹介させていただいています。キャンプ場を利用したり、実際に下見した方のブログ記事は貴重な口コミ情報です。施設の評判やオススメ情報の参考にしてみてください。(なるべく実際の利用月を表示しています)

SNSでの評判(インスタグラム・ツイッター)

"大淀ふれあいキャンプ場" について掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページを案内しています。(他の類似名施設と混在している場合があります)

口コミ/ランキング サイト

口コミサイトやランキングサイトでの "大淀ふれあいキャンプ場" の掲載ページを案内しています。(サイトによっては施設の掲載名称が異なる場合があります)

大淀ふれあいキャンプ場周辺観光情報

日本で唯一飼育しているジュゴンがシンボルで、飼育種類数が日本一となる約1200種もの生きものを飼育する水族館「鳥羽水族館」までは約29km。

「伊勢神宮 外宮」までは約15km、「伊勢神宮 内宮」までは約21km。内宮エリアには、歴史的建造物やお土産・グルメスポットが並ぶ宇治橋から五十鈴川沿いに続く約800mの石畳の通り「おはらい町」や、江戸末期から明治期にかけての伊勢路の代表的な建築物を移築・再現した人気スポット「おかげ横丁」などがある。

シンボルの原寸大安土城を中心に、安土桃山時代の歴史と文化が体感できるテーマパークで、全長約1km・67アイテムのツリートレッキングや空中滑空で池を渡るジップラインなどのアトラクション施設、伊勢の食材にこだわった美食街、日帰り温浴施設など魅力あふれるスポットが満載の「ともいきの国 伊勢忍者キングダム」までは約19km。

国の史跡にも指定された松阪のシンボル的存在で、桜、梅、藤、銀杏など、四季折々の花や景観が楽しめ、城跡からは城下町の面影を残すまち並みを一望できる「松坂城跡(松阪公園)」までは約15km。隣接して、城の警護を任された紀州藩士が住んでいた趣ある武家屋敷が現存する観光スポット「御城番屋敷」がある。

約23ヘクタールの広大な農業公園で、四季を通していろんな顔を持つイングリッシュガーデン、地元農産物などが並ぶ直売所や松阪牛などの名産品が揃う売店、素材にこだわったメニューが楽しめるカフェなどがあり、松阪牛肉味噌作り・季節のジャム作り・季節のタルト作りなどの体験講座も楽しめる「松阪農業公園ベルファーム」までは約20km。

キャンプ場イメージ31
キャンプ場イメージ1

「県別アクセスランキング」
「掲載キャンプ場一覧」はこの先