エリア

サイト内検索




銀山平キャンプ場(日光)のブログ・口コミ・おすすめ情報

キャンプ場イメージ18

キャンプ場 プロフィール

日光市足尾地域の山深いエリアにある銀山平公園の中の自然豊かなキャンプ場。標高は約790メートルで夏でも涼しいロケーション。庚申山・備前楯山・皇海山の登山口にも位置しているので、登山やトレッキングの拠点としての利用にも便利な立地。キャンプ場から庚申川に降りることができ、川遊びなども楽しめる。

テントサイトは開放的な芝生広場のフリーサイト。車の乗り入れは不可だが駐車場からサイトまでの距離もたいして遠くなく、荷物運搬用のリヤカーの貸し出しもある。テントサイト以外にも寝具が付いているバンガローも4名収容タイプと6名収容タイプの二種類あり。

入浴はキャンプ場の隣にある国民宿舎「かじか荘」を利用できる(有料)。

トロッコ電車に乗って全長700メートルの坑道を巡る足尾銅山の坑内観光施設「足尾銅山観光」(わたらせ渓谷鉄道「通洞」駅エリア)までは約7km。住所は日光市だが、日光東照宮までは約28km、中禅寺湖・華厳の滝までは約35kmと、いわゆる日光の観光エリアからは離れている。



基本情報

住所

栃木県日光市足尾町5488

アクセス

日光宇都宮道路「清滝インター」から約25km

営業期間

4月~11月

料金

【宿泊管理料】大人:300円、小学生以下:100円 【持込テント料】1張1泊:1,500円 【タープ料】1張1泊:1,500円 【バンガローA】6名収容:13,000円 【バンガローB】6名収容:11,000円 【バンガローC】4名収容:8,000円 【バンガローD】4名収容:5,000円

チェックイン

14:00(状況により対応が異なるため要確認)

チェックアウト

10:00(状況により対応が異なるため要確認)

ペット同伴

要確認

オプション

風呂・シャワー

国民宿舎「かじか荘」で入浴利用可能(有料、10:30~20:00)

場内施設

管理用、売店、自動販売機、トイレ、炊事棟、バーベキュー棟、ファイヤーサークル、遊歩道

その他

予約等は国民宿舎「かじか荘」にて受け付け。

電話番号

0288-93-3420(宿泊予約・国民宿舎かじか荘)

0288-93-4099(公園管理事務所)

ホームページ
(参考ページ)

上記は2018年5月現在の情報を記載したものです。最新の情報は必ず各施設へご確認ください。

利用者のブログ・キャンプレポート

キャンプ場の感想やレポート、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に紹介させていただいています。(なるべく実際の利用月を表示しています)
キャンプ場を利用したり、実際に下見した方のブログ記事は貴重な口コミ情報です。施設の評判やオススメ情報の参考にしてみてください。

記事ピックアップ巡回時期:2018年04月

※前回の記事ピックアップ巡回時期(2017年05月)から今回の巡回(2018年04月27日)までに、新たに紹介できるブログ記事は投稿されていませんでした。

キャンプ場イメージ19

SNS での評判(インスタグラム・ツイッター)

当キャンプ場について掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページを案内しています。(他の類似名施設と混在している場合があります)

インスタグラムに投稿された画像

※新潟県の同名施設と混在しています。

口コミ/ランキング サイト

口コミサイトやランキングサイトでの当キャンプ場の掲載ページを案内しています。(サイトによっては施設の掲載名称が異なる場合があります)

キャンプ場イメージ1
「県別アクセスランキング」
「掲載キャンプ場一覧」はこの先

キャンプ場選びの参考に。
初訪問時の下調べに。

アウトドアファンやキャンプファンがどんな評価をしているか、みんなの声を見てみよう!
キャンプ場選びには欠かせない生の情報や、初めて訪れるキャンプ場の下調べには、実際に訪れた人のブログを参考に。キャンパーの訪問レポートには、ためになる情報が満載!
口コミサイトやランキングサイト、利用した人々のブログを読み解くと、人気のキャンプ場やおすすめキャンプ場が見えてくる!
見れば見るほどキャンプに行きたくなる!


キャンプ場イメージ2

ブログは利用日の近い記事や、わかりやすい記事をピックアップ

キャンプ場の感想やレポート記事、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に紹介させていただいています。
「キャンプ日記」「おでかけ日記」系のブログは、利用された日が近い記事をピックアップ。
2018年・2017年・2016年など、なるべく近年の記事をピックアップしたり、春・夏・秋・冬 季節のバランスもなるべく考慮するようにしています。

※紹介するブログの日付は、なるべく実際の利用月を記事本文より拾って記載していますが、記事掲載月の場合もありますのでご了承ください。