ウォムキャンプロゴマーク

あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

キャンプファンのためのサイト " WOM-CAMP ウォムキャンプ "

参考になるブログやサイトをピックアップ 

2019年-2020年シーズンを楽しもう!

銀山平キャンプ場(新潟・奥只見)

ぎんざんだいらきゃんぷじょう
キャンプ場イメージ18

貯水量6億tを超える巨大人造湖、奥只見湖(銀山湖)のすぐ近く、越後三山国定公園内に位置する自然豊かなキャンプ場。ゴツゴツした岩肌の壁面が特徴のトンネル道路「奥只見シルバーライン」か、「樹海ライン(国道352号線)」でのアプローチとなる。奥只見湖や荒沢岳などの周囲の山々の絶景が望めるロケーション。夜には満天の星空も堪能できる。山深い環境ながらキャンプ場周辺は銀山平温泉として開けていているエリア。場内には源泉露天風呂「かもしかの湯」も併設されている。登山や渓流釣り、自然散策など大自然を満喫した過ごし方も楽しめる。

キャンプサイトは、緑の木々に囲まれたAC電源設備付きのオートキャンプサイトと、開放的な芝生のフリーサイトがある。バイク利用でのキャンパー向けに1人用の料金設定もある。

なお、栃木県・日光にも同じ名前の「銀山平キャンプ場」がある。

銀山平キャンプ場(新潟)基本情報

キャンプ場の基本情報です。一部内容については直接確認が取れていない項目や、キャンプ場によってはシーズンで変動するような項目も含まれています。最新の情報は必ず各施設へご確認ください。

住所

新潟県魚沼市宇津野字北ノ又沢852-19

アクセス

関越自動車道「小出インター」から約25km

営業期間

5月~10月(変動あり)

参考料金

【フリーサイト】2,800円、タープ持込:1,100円 【フリーサイト 1人用テント】1,400円 【オートキャンプAC電源付】5,500円 【バンガロー】5,500円 【ログハウス】15,000円 など

チェックイン

14:00(ログハウス 15:00)

チェックアウト

13:00(ログハウス 10:00)

ペット同伴

ペット可

オプション

<レンタル>
テント:3,300円 スノコ:330円 マット:330円 毛布:330円 バーベキューコンロ:1,100円 飯ごう:330円 なべ:330円~ ボウル:110円 フライパン:330円 包丁:110円 まな板:110円 など

<販売品>
木炭 ガスカートリッジ など

風呂・シャワー

場内に源泉露天風呂「かもしかの湯」あり(割引料金で利用可) 約3kmのところに白銀の湯あり

場内施設

管理棟、炊事場、かまど、トイレ、自動販売機

その他

ゴミは有料にて引き取り可。 直火は禁止。焚火台やコンロ等の器具を利用しての焚き火等は可。 花火は手持ちのみ可。 リードの使用等ペットルールあり。

電話番号

025-795-2448(6月~10月・キャンプ場事務室)
025-793-7955(11月~5月・魚沼自然大学)

ホームページ
(参考ページ)

2020年4月現在の情報を掲載しています。(掲載の料金はキャンプ場により税別・税込の表記が混在しています。)

利用者のブログ・キャンプレポート

銀山平キャンプ場(新潟) の感想やレポート、場内やサイトの様子がわかる記事、また、楽しい過ごし方や周辺観光情報などが掲載されているような記事を中心に、ブログをまとめて紹介させていただいています。キャンプ場を利用したり、実際に下見した方のブログ記事は貴重な口コミ情報です。施設の評判やオススメ情報の参考にしてみてください。(なるべく実際の利用月を表示しています)

SNSでの評判(インスタグラム・ツイッター)

銀山平キャンプ場(新潟)について掲載されているインスタグラムのハッシュタグページ、ツイッターの検索結果ページを案内しています。(他の類似名施設と混在している場合があります)

※栃木県(日光)の同名施設と混在しています。

口コミ/ランキング サイト

口コミサイトやランキングサイトでの銀山平キャンプ場(新潟)の掲載ページを案内しています。(サイトによっては施設の掲載名称が異なる場合があります)

銀山平キャンプ場(新潟)周辺観光情報

湖上遊覧や奥只見ダムの見学などが楽しめる「奥只見ターミナルエリア」までは約10km。

魚沼産コシヒカリ、地酒、山菜加工品や旬の地域の特産品が数多く揃っていて、魚沼市の観光インフォメーションセンターも隣接する「道の駅 ゆのたに」までは約23km。

キャンプ場イメージ31
キャンプ場イメージ1

「県別アクセスランキング」
「掲載キャンプ場一覧」はこの先